中国中国語 “珍”事件簿

 ■ 中国中国語おもしろびっくり体験談 13 ■



あなたは先生でしょう?! (北京)



この話は、私が留学して2学期目の授業中の話です。


当時、学校の授業は午前中に4コマ。朝8時〜12時まででした。
私のクラスの担任は劉聯灰という北京語言大学大学を
卒業したての女性の先生で、少し前に日本人と結婚したばかりの新婚さん。


また、劉先生は、私達のクラスの精読という
日本で言えば国語の授業を受け持っていました。


この日は、朝一で精読の授業。
授業開始のチャイムが鳴ると劉先生が入って来ました。


 生 徒:
「老師好!」

 劉先生:
「大家好!」


と、いつもどおりの挨拶なのですが、
劉先生、いつもより明らかに元気がない声。
私がどうしたんだろう・・・と思っていると、みんな思うことは同じで、
誰かが「先生、どうしたのですか?」と訊きました。


Q:どんな返答が返ってきたと思います?




   ↓     ↓




   ↓     ↓




   ↓     ↓




   ↓     ↓




A:結婚前にゴミ捨てを誰がするとか、買い物は誰がするとかなどの
  家事分担をちゃんと決めておかなかったから、
  昨日、言い合いになっちゃって・・・・・・


と、アレもコレもソレも...と、愚痴や不満がてんこ盛り。
そして、とうとう先生が泣き出しちゃって、
みんなはお手上げになってしまいました。


そう!
劉先生の元気のない原因は、夫婦喧嘩だったんです!


この精読の授業は、授業らしいことは一切せずに、
ずーっと先生の愚痴などを聞く時間となってしまいました。
もし、これが日本だったら

「あなた、先生でしょう!!」

と、大問題になっちゃうようなことも、私が留学中の中国では、許される?
時代だったんですね。


まっ、愚痴も不満も中国語で聞いていたので
リスニングの勉強と言えなくもないですが、精読の授業じゃなかったなぁ......


そして、中国人の家庭では、家事の役割分担を話し合いで決めるという
知っていても知らなくてもいいマメ知識を(笑) Getした私でした。





- おわり -



中国・中国語おもしろびっくり体験談12 中国・中国語おもしろびっくり体験談TOPへ