> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  サラール族


主に中国の青海省、甘粛省に分布するトルコ系少数民族の1つ。イスラム教を信仰する。


民族独自の言語を持つが文字はないので漢語(中国語)を使用する。また、大多数のサラール族は漢語(中国語)を話す。


主に農業に従事し、牧畜業や園芸業も営んでいる。







サラール族の食習慣は、小麦粉を使用して作ったマントウ類、麺類などが主食で、1日3食であるが、ラマダンの時期は1日朝晩の2食である。


サラール族の男性はあごひげを蓄え、黒または白の円形の帽子をかぶり、白いシャツにベスト、女性は頭にスカーフ、金銀のイヤリングやブレスレットなどのアクセサリーをつけている。