> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  ヌー族 (怒族)


主に中国の雲南省に分布するチベット系の少数民族の1つ。過去にトーテム崇拝し、万物が魂がある原始宗教を信仰していた。現在、一部分のヌー族は、ラマ教、カトリック教を信仰している。







ヌー族独自の言葉があるが、文字はない。改革解放後、ほとんどのヌー族が漢語(中国語)を使用し表記するようになった。また、長くリス族と雑居してきたため、多くのヌー族がリス語を話す。


雲南省に居住し主に農業、手工業、商業に従事し、一部は狩猟にも従事する。