> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  ロッバ族 (珞巴族)


主にチベット自治区に分布するチベット系山岳少数民族。原始宗教を信仰する。


民族独自の言語を持つが文字はない。また、一部の者はチベット民族の言語のチベット語を話すことができる。








主に狩猟、農業に従事する。


客のもてなし方の風習は、客が食事をする前に主人が先に1杯の酒を飲み、飯を一口食べ、飲み物、食べ物は安全であると示す風習がある。


他の民族と異なる風習としては、婚姻関係に見られる。過去、ロッバ族では盛んに売買婚が行われていた。







現在でもロッバ族の言葉には「嫁取り」という言葉がなく、「嫁買い」という言葉のみが存在する。ロッバ族は通常、子供が7、8歳になると婚約する。子供が婚約年齢に達すると男女双方の親が話し合い婚約する。婚約時に男性側は女性側にブタ、米、バター、酒などの贈り物をするのが慣わしになっている。また、婚約後から女性側に「婚姻の価格(貢物)」を届けることを始め、15、16歳頃までに「婚姻の価格(貢物)」を渡し終えないと、妻を娶ることができない。男性が同じ階級の女性を娶る場合、7〜10頭の乳牛の他、奴隷、銅鍋、食糧、バターなどが必要と言われている。


売買婚の風習により、ロッバ族の女性は、一族の中での地位が低く、財産の相続権さえない。