> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  コーラオ族


主に貴州省・広西チワン自治区に分布する少数民族の1つ。自然崇拝・先祖崇拝など原始宗教を信仰する。


民族独自の言語はあるが文字はない。また、分散して暮らしているため、漢語(中国語)が公用語となっていろほか、多くの者はミャオ族の言語であるミャオ語、イ族の言語であるイ語、プイ族の言語であるブイ語を話せる。







コーラオ族には、トウチャ族と同様に娘が嫁ぐ際に「嫁泣き」の風習がある。新婦となる娘は結婚式の3〜5日前より泣き始め、家族と別れを惜しむ態度をとらなければならい。


婚礼の前日に新郎の代理人(輿の担ぎ手)が新婦を迎えに赴き、婚礼当日、新婦は飾り付けられた輿に乗り新郎の家に行く。新郎の家に到着後、新郎の家の先祖にお参りし、やっと婚礼衣装に着替え婚礼の儀式となる。







主に農業に従事する。


コーラオ族は、辛い物が好きな民族で、また、もち米食品は、コーラオ族にとって、なくてはならない食品である。