> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  タイ族


主にに雲南省に分布するタイ系の少数民族。多くは、小乗仏教を信仰している。


民族独自の言語を使用する。







タイ族の最も盛大な祝日に『溌水節(水かけ祭)』がある。『溌水節(水かけ祭)』は、タイ族暦で開催されるので毎年変わるが、大体新暦の4月頃で、この日がタイ族の正月に相当する。


『溌水節(水かけ祭)』は、早朝、花や葉を寺に奉納し、きれいな水を汲み仏像を洗う。これらを終えた後、人々は互いに水をかけ合い始め、銅の鉢などを使用して大通りや路地、水を撒いたり、行き交う人に水をかけたりする。『溌水節(水かけ祭)』で撒く水は、めでたい水、祝福の水という意味がある。夜、各村は人々が長け筒で作ったロケット花火を打ち上げ『溌水節(水かけ祭)』が、終了となる。


主に水稲耕作を営みビルマ文化も受容している。