> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  プイ族 (布依族)


主に中国の貴州省に分布するタイ系の少数民族。百越(古代の江蘇、浙江、福建、広東一帯に分布していた)の一部である。今でもプイ族の人びとは欄干式の家屋に住むなど、古代越人の風俗習慣を残している。


多くは、農業を営み、もち米を好む。正月には臼でもちを作る。


プイ族は、先祖崇拝と多種の神(山には山の神がおり、水には水の神がおり、井戸には井戸の神がいる・・・)を信仰している。しかし、改革解放後、文化的・科学的な考えが入り、信仰に関するプイ族独自の言い伝えを信じる者が徐々に減少してきている。


近年、ろうけつ染・プイ織・民族衣装を含む工芸品を専門に生産する企業が出現し、東南アジア・日本・欧米などに輸出されている。ろうけつ染は美しい図案が有名で、内外に知られている。