> モンゴル族 > 回族 > チベット族 > ウイグル族 > ミャオ族 > イ族 > チワン族
> プイ族 > 朝鮮族 > 満州族 > トン族 > ヤオ族 > ぺー族 > トウチャ族
> ハニ族 > カザフ族 > タイ族 > リー族 > リス族 > ワ族 > ショオ族
> 高山族 > ラフ族 > スイ族 > トンシャン族 > ナシ族 > チンポー族 > キルギス族
> トゥー族 > ダフール族 > ムーラオ族 > チャン族 > プーラン族 > サラール族 > マオナン族
> コーラオ族 > シボ族 > アチャン族 > プミ族 > タジク族 > ヌー族 > ウズベク族
> オロス族 > エヴェンキ族 > トーアン族 > ボウナン族 > ユーグ族 > キン族 > タタール族
> トールン族 > オロチョン族 > ホジェン族 > メンパ族 > ロッバ族 > ジノー族



  中国の少数民族  プーラン族 (布朗族)


主に雲南省に分布するモン・クメール系の少数民族の1つ。全てのものに精霊が宿るという原始宗教を信仰するものが多いが、一部にはタイ族の影響を受け小乗仏教を信仰する者もいる。


民族独自の言語はあるが文字はない。また、一部のプーラン族は、タイ族の言語のタイ族語、ワ族の言語のワ語、漢語(中国語)を話すことができる。







プーラン(布朗)族の若者は適齢期になると男性から意中の女性に花を贈り、結婚当日には花婿が沢山の花で寝室を飾りつける習慣がある。また、結婚後の3年間は、夫が妻の家に通う『通い婚』が行われており、夫は昼間、自分の家で仕事をし、夜、妻の家に帰る。3年経過後、吉日を選び妻と子が夫の家に移り住む。


また、プーラン族は、母系氏族社会の伝統が残っており、子供は生後3日以内に母親の名前の1文字目または2文字目が子供の名前の2文字目に使われ、名づけられる。







雨量が多く、湿度が高い山間部で暮らしているプーラン族の多くは、茅葺屋根の高床式住居に住んでいる。また、陸稲を栽培し、プーアール茶の栽培、生産に長けていることで有名である。